K9ラリーとは





K9ラリー競技とは、犬と飼い主がひとつになって行なうドッグス ポーツの一種であり、基礎の服従行動がどれだけ出来るかを確認する為のものでもあります。



規定のコース上に並べられた15〜18個位の指示(サイン)を犬と一緒にクリアして進んで行き、如何にスムーズに、且つ的確に出来るかを競います。 飼い主とのハーモニーが大切で 、オベディエンス(服従訓練)が出来ていないと参加は出来ま せん。 ラリークラスに入りながら犬にオベディエンスを教えるのではなく、オベディエンスクラスを終了した犬と参加して、その成果と能力を発揮させて楽しむ競技です。

レベルは、ノヴィス(初級)、アドバンス(中級)、エクセレ ント(上級)の3つに分かれています。
アメリカの競技会では、100点満点中70点以上取れば合格となり、1つの’レッグ’を取ったと言う事になります。レッグを3つ取れば、そのレベルのタイトルを得たという事になり、次のレベルに移れます。 アドバンス以降は、ノーリードで行ないますので、きちんとしたコントロールが必要となります。 コースに寄っては誘惑の食べ物やおもちゃが置かれたり、ジャンピングも置かれ、微妙なサインの違いに惑わされたり、見た目よりも難しい所がラリー競技の魅力の1つだと思います。 

通常、最後のエクセレントのタイトルを取れれば満足ですが、別枠のRAEと言うタイトルを狙う事も出来ます。 これは、 同じ競技会の日にアドバンスとエクセレントに参加して、両方合格しないとレッグを取れた事になりません。 10回レ ッグを取れば、RAEのタイトルが貰えます。

K9ラリー競技の良い点は、アジリティの様に体力を使う必要はない点です。従って、愛犬や飼い主の動きに機敏さがなくても、 多少怪我をしていても、年配者の方でも広く参加することが出来ます。 
日常生活では経験しないような動きもあり、愛犬と共に楽しめる競技だと推奨します。 是非、その奥深さを味わってみてください。


Designed by chocoto
inserted by FC2 system