犬の食事



《犬の6大栄養素》と呼ばれるものは以下の6つの栄養素です。これらの6大栄養素をバランスよく摂取していくことが、愛犬の命を支えますのでこのコーナーでご説明いたします。
1.たんぱく質 2.脂肪 3.炭水化物 4.ビタミン 5.ミネラル 6.水

1.たんぱく質

エネルギー源であり、身体を作る。「たんぱく質」には、「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」があります。 動物性たんぱく質…肉、鶏卵(アミノ酸が豊富で良い)、鶏肉 植物性たんぱく質…おから、豆腐、納豆(消化に良い。他の食材の消化を助ける。善玉菌を増やす)、ゆで大豆、きな粉、かぼちゃ、ゴマ、ひじき、のり、いわし(ビタミンA、カルシウムも豊富。オメガ3も含んでるので、皮膚病の犬にもお勧め。)


2.脂肪

エネルギー源であり、身体を作る。しそ油、オリーブオイル、バター


3.炭水化物

犬には、少ない量で十分。ごはん、パン、玄米(ミネラル、ビタミンが豊富で、アレルギー性も低いので 最高。)、じゃが芋(アレルギー性も低く、肉の毒素を消してくれる働きをする。) 火を通した穀物は、炭水化物、食物繊維、鉄、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を供給する。


4.ビタミン

犬には、ビタミンCは不要。犬の体内で作られるので。 ビタミンは、炭水化物、脂肪、たんぱく質の働きを助ける。 かぼちゃ、大根、小松菜、魚、人参、鶏レバー、豚もも肉、ひまわり油


5.ミネラル

身体を作る。 身体の調子を整える。 煮干、乳製品(特に パルメザンチーズ)、大根やカブの葉、モロヘイヤ、パセリ、ひじき、ゴマ


●カルシウム

カルシウムはミネラルのうちのひとつで、犬は人の14倍も必要とします。
スキムミルク、無糖ヨーグルト、煮干、大根やカブの葉、小松菜 生の鶏の首の骨がお勧め。
鶏の首の骨は柔らかく、犬の喉やお腹に刺さる心配が少ないので安心して与えられます。カルシウムの他にもリンなどを含み栄養価が高く、消化にも良いと言われています。また、歯垢を取り除くのにも好都合です。ただし、茹でた場合は骨が堅く鋭くなるので危険です。
骨をあげると権勢症候が強くなると言うトレーナーも居ますが、
総合的なしつけをしていれば問題は無いでしょう。


手作りの食事



手作りする際に気をつけること

肉:野菜(生、もしくは蒸す):ご飯(穀物)の割合は、1:1:1か、もしくは、50%、35%、25%が良いと言われる。パピー期は、プロテイン(たんぱく質)が多く必要なので、肉の割合を増やす。 生肉は、たんぱく質、生きたバクテリア、酵素などが入ってるので、お勧めである。 牛、ラム、鶏肉、うさぎなどバラエティにしたほうが良いとも言われる。同じ種類を長期で食べると、アレルギーの原因ともなる。どの種類にアレルギーを起すかは、固体差がある。豚肉は、火を通す。 他の肉は、火を通しすぎると、中の酵素が失われ 栄養を効果的に消化、吸収出来なくなるので気を付ける。 手作りフードに変える時は、下痢をしないように、少量ずつドッグフードに加えていくと良い。 生肉は、健康な犬にはいいが、免疫の落ちている犬には あげれない。 果物、木の実、種子 生のかぼちゃの種子は、美味しく栄養価も高い。サナダムシの駆除にもなる。ナッツや種子は、塩分のないものを選ぶ。塩分は、水分の滞留、心肺の不調、吸収不良、胃炎などの症状を引き起こすので、要注意。


避けたい食品

1.甘いお菓子、特にチョコレート。これは、カカオに含まれる物質が神経に支障をもたらす為である。
2.消化不良になる、エビ、いか、カニ
3.火を通した鶏の骨は、鋭く硬いので 口内や消化器官を傷つけやすい。生の鶏肉の骨なら 大丈夫。
4.玉葱、ネギ類。 中毒を起して、貧血になる。
5.5ハム、かまぼこなどの加工食品。 塩分の摂り過ぎは悪い。
6.生の卵白
7.アボガド、ニンニクも 生では有害。


食事の回数

子犬の時は、成犬の約2倍のカロリーを必要とするが、消化機能が未熟なので、生後半年までは 1日に 3〜4回に分けて与える事。その時に、ドッグフードをあげる人は、お湯で湿らしてから与えると消化を助けるので良い。成犬でも、身体の負担を避ける為に、1日2回に分けて与えると良い。


市販のドッグフードのデメリット

ドッグフードに入っている人工的な成分や保存料が心配。全て自然のものを使ってると謳っているドッグフードでも、何かしら合成的な良くないものが入ってると言われる。保存料のブチルヒドロキシアニソール(BHA)やジブチルヒドロキシトルエン(BHT)は、白血球の数を減少させ 免疫系を弱め、身体が正常に機能する為に必要なグルコースの吸収を抑えてしまう。 化学成分のエトキシチンは 有毒な物質が含まれてると、FDA(米国食品医薬品局)では、ドッグフードに使うのを危険だと発表(1998年)。
肉副産物(Meat By-Products)や肉粉(Meat Meal),肉骨粉(Meat-and-Bonemeal)も含まれてるものも多く、これらは、何を使ってるか不透明な部分。


簡単手作りおやつ



ささみジャーキー

長く切ったささみに 下ろしニンニクを塗り香り付けをする。10分程度置いてから 水気を拭き、軽くパセリを振りかけて、温めたオーブンで 160℃(華氏325℃)で、40分位焼く。


レバーケーキ

小麦粉 100g(アレルギーの犬にはポテト)、卵一個、レバー50g程、ニンニク一片を良く混ぜて、オーブン 180度で25〜30分ほど焼く。


Designed by chocoto
inserted by FC2 system